ディスティ○ー

ドム出てるー!

しかも黒い3連星ぽいのまで出てるー!
1週見逃すと、やはりそれなりに展開してるもんですなー。
もう、この後はずっと故意に見逃してやろうか
あの主人公は毎回毎回観るに耐えませんからなぁ。
戦争を無くす為に戦うという事自体が矛盾だけれど、自分自身はガシガシと人を殺しているというお粗末さ。
自分の信じる平和とやらの為ならば、邪魔な輩は一切が悪で、たやすく命を奪える存在なのか?と思ってしまいますなぁ~。
それは平和ではなく支配と呼ぶのだ、と誰か教えてやってください。
一番怖いのは兵士としても軍人としても未熟な少年が、簡単に強大な(すぎる)力を手に入れ自分勝手に振るっているという事ですかねぇ~。
学徒動員でア・バオア・クーへ投入された即席パイロットじゃないんだし。
あれが正規のパイロットのする事かなぁ…
よくあんな戦い方して味方への誤射が無いもんやとそこだけは感心する(笑
せめて優秀な上官がいればねぇ。
「無能な上官に命令無視の兵隊だ。いよいよたまらんな、軍曹」
「戦場なら良かったですな。戦場なら戦死で厄介払いだ」
と、バラライカさん(漫画のブラックラグーンに出てくるマフィアのボス)が上官なら即座に銃殺もんでしょうかねぇ(笑
たかがアニメじゃん…って言われるかもしれないけど、沢山の子供達も観るであろうアニメだからこそ丁寧に作って欲しいと思いますなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まみゅー
2005年08月14日 03:41
いやーそのとおり!俺らが子供の時のバカアニメは
バカはバカとしてちゃんと“区切り表現”を出してたし
自分の中でちゃんと「んなアホな」ってバカ要素を理解したモンですが
このアニメは劇中の綺麗ゴトをいかにも現実世界にも通用する
崇高な論理のように大まじめに表現してそれを額面通りに受け止めて
「そうだよな」みたいな共感なんてする子供が居る事=人気の原理
ってのは確かに怖いとゆーか★現実の乾いた厳しさに直面して
泡吹きゃエエだけやねんけども★むしろ、アニメの地位はそんな
トコが収まりが良く続く世間。初代の放映なんてあまりにも
現実的な大人の世界を淡々と表現したあまり「暗い」って理由で
実際に打ち切りになったぐらい。世間はバカアニメも子供アニメも
文化アニメも全て一緒のカテゴリで「下等」な位置に置いときたい
“偉そうな”風潮がある限り、それを逆に巧く利用して
「こんなんで喜ぶやろ」的な媚びた表現をするアニメは後を絶たず。
ギャルゲー支持層の数の多さにも対応しててご苦労さんですな!★
yu-saku
2005年08月14日 13:11
戦争を無くそうと思ってるんやったら、軍人になったらイカンね。
軍は槍であり盾でもあるけれど、それ以上の物ではないと思うし。
軍人は任務だけを信じ、国の為に忠を尽くす!その一心ですよ。
そりゃー、未知の地球外生命体から世界を守るために、少年は巨大ロボットに乗って戦うのだ・ていうストーリーなら、敵をいくら虐殺しようがハッピーで済む話やけどな~。
あの主人公は自分の復讐心を満たす為にガンダムに乗る事を手段として利用してる・ただそれだけちゃうかなぁ。
そうじゃなければ戦闘中やたらキレたりしないでしょ。
あまりにも幼稚すぎ。粛清されなさい!

…それでも一応最終回までは観ようとは思てるけど。
この過ちを繰り返してはならない、と叫ぶために(笑

この記事へのトラックバック

  • 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』 #43

    Excerpt: 「故郷に錦を飾る」とゆー諺(ことわざ)がありますケド、 オーブ出身の主人公らしき人 シン・アスカ君(16歳)は・・・ それはもぉ、故郷には実にイヤな錦を飾ってしまいました(笑)。 Weblog: 【T】 Tsukasa♪'s Blog! racked: 2005-08-14 20:12